遠恋、ワガママに気を付けて

スポンサーリンク

遠距離恋愛、遠恋をしている時にはワガママな行動を行っていないかを気を付けましょう。
適度なワガママは相手には可愛らしく映ります。
けれども度を越したワガママは相手にとっては、単なる自己中に映ります。
遠恋を続けていく気持ちが持てないので、思わず他の異性に目を向ける要因に成ってしまいます。
遠恋上級者としては、相手との距離を上手に保って行くのがポイントです。


自分の対応がワガママになっていないか、時には心の鏡でチェックをしてみましょう。
遠距離恋愛に限らず、恋愛はいつでもキャッチボールが基本です。キャッチボールは、自分が投げて相手が取るのが基本ですよね。
相手が構えてくれていなければ、ボールはコロコロと転がってしまいます。
ボールを投げるタイミングもポイントです。

スポンサーリンク

相手が違う方向に気を取られていると、ボールは池に落ちてしまいます。
またこちらが幾ら構えていても、相手がボールをストレートに投げてくれなければ、スタートはしません。
恋愛も同じ事が言えます。
タイミングと礼儀は、幾ら関係が深まっていても大切な事です。


ワガママな対応に成り過ぎていないか、一歩引いて自分の行動を見るのです。
自分の話ばかりをしていないかも、我儘ポイントを見極める一つです。
自分の話をしたら、今度は相手が話す番。
聞いてあげる気持ちを大切にしましょう。
また電話やメールを送るタイミングも、相手の行動サイクルを見極めてから。
小さな礼儀が貴方へのポイントアップに繋がりますよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加