遠距離恋愛カップルのための

言いたい事は言い合ってお互い受け止める

スポンサーリンク

遠距離恋愛は非常にストレスが溜まります。

 

恋愛はどんな形であれある程度のストレスは覚悟しなければなりませんが、遠距離恋愛は実際にしたことがある人にしかわからないストレスがあるものなのです。

 

遠距離恋愛を成功させるにはストレスを溜めないことがひとつの大きなポイントになるでしょう。

 

ストレスを溜めないようにするには、お互いに言いたいことを言う必要があります。


会っていない時に言いたいことが溜まるはずです。

 

相手のことを疑ってしまう場合もあるでしょう。

 

相手に対しての文句もあるはずです。

 

普段は言わない方が恋愛は長続きするものなのですが、遠距離恋愛は通常の恋愛とは違い、どれだけ隠し事をせずに本音でぶつかることが出来るかが鍵となりますから、定期的に『言いたい事を言い合う日』を設けて、お互いに溜まりに溜まった思いを吐き出すようにしてください。

スポンサーリンク

この時に大事になってくるのは、お互いに事前に言いたい事を言うという認識の元、行うということです。

 

何の予告や話し合いも無しに恋人に対して愚痴や文句を発したらケンカになり遠距離恋愛どころではなくなってしまいます。

 

そうではなく、事前に言いたい事を言うということを確認し合い、そしてあらゆる言葉が飛び交ってもそれを受け止める心の準備をしておくことがポイントになるのです。


もしくは遠距離恋愛を始める時などに『言いたい事は常に言い合おう』と決めておいてもいいですが、その代わり『言われた事はしっかりとお互い受け止めよう』と決めておけば良好な関係を続けられるのではないでしょうか。
遠距離恋愛中はストレスを溜めない意味でも、『言いたい事は言い合って、お互い受け止める』ことを実践するようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加