遠距離恋愛カップルのための

意外と使える?手紙

スポンサーリンク

今の時代、遠距離恋愛中に交わす恋人とのやり取りは電話かメールになりがちです。

 

ここは一旦、「手紙」を見つめ直してみてはどうでしょうか。

 

遠距離恋愛中はそれが出来るはずです。

 

連絡の取り方次第で今後の関係が決まってくるのが遠距離恋愛と言えるでしょう。

 

そこに手紙を加えることでお互いの存在を大きく感じることが出来るのではないでしょうか。


手紙が他の伝達手段と違って優れている点は、その人の温もりを感じられるというところです。

 

自分の手で自分の字によって気持ちを伝えますから、作られたフォントでメールを送るよりも、内容が同じだとしても相手への伝わり方はかなり変わってくるでしょう。

 

メールと違っていつ届くかわからないドキドキ感や、家の郵便受けを空けた時の喜びという意味でもメールが届くのとは全く違った感覚を味わえるのではないでしょうか。

 

それが遠距離恋愛中なら尚更嬉しいはずです。

スポンサーリンク

メールは1日で何通も送ることが出来ます。

 

手紙は多いカップルでも1週間に1往復程度でしょう。

 

遠距離恋愛というのは比較的長い期間に渡って行われることが多いですから、その程度の頻度のやり取りでも十分なのかもしれません。

 

もちろんメールや電話と併用してもいいでしょう。

 

大事な言葉は敢えて手紙を使って伝えることで、それを何十年も大事に取っておくことも出来るわけですから言葉に重みも出てきます。


イラストを添えたりペンの色を変えて装飾をしたり、オシャレなカップルはお互いにオリジナルのシーリングスタンプなどを作成して手紙のやり取りをしてもいいでしょう。

 

手紙を送り合うことは遠距離恋愛中のカップルにしか出来ない行為ではありませんが、しかし遠距離恋愛中だからこそ大きな意味を持つとは言えると思います。

 

たまには気分を変える為にも手紙を使って思いを伝えてみては?

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加