遠距離恋愛カップルのための

たまには普段恥ずかしくて言わない言葉を言う

スポンサーリンク

恋人同士は長くいればいるほど素直な気持ちを言葉にしなくなるものです。

 

結婚する前にそうなってしまうと今後が心配でもありますが、遠距離恋愛中のカップルはこの素直な気持ちを言葉にする回数を増やしてみましょう。

 

相手をどれだけ好きなのかを伝えることや感謝の気持ち、そして謝罪なども言葉にして伝えることで実際に存在している距離は遠かったとしても心の距離が近づくため、遠距離恋愛であるという意識も良い意味で薄くなるのではないでしょうか。


好きだという気持ちはぜひ、はっきりと言葉に表していきましょう。

 

メールでも電話でも、そしてたまに会った時などでも構いません。

 

相手のことを大切に思っているということを言葉にするだけで、二人の関係にかなり影響を与えるはずです。

 

特に女性は言葉にしてもらわないとわからないということをよく言いますから、男性は女性に対して言葉というものを使って思いを伝えるようにしてください。

スポンサーリンク

感謝の気持ちはもう少し楽に、そして頻繁に言葉にして伝えることが出来るのではないでしょうか。

 

電話をくれたりメールをくれたりしたことに対しても感謝の気持ちを伝えることをしてみましょう。

 

恋人同士であれば特に感謝しなくてもと考えるかもしれませんが、こんな小さなことにも感謝を伝えることが出来るようになればお互いの存在が大きくなり遠距離恋愛を乗り切る力も湧いてくるというものです。


謝罪の言葉に関してですが、これは悪いことをした時だけに発するものではありません。

 

感謝の意味に近い謝罪の言葉と言えるでしょうか。

 

『忙しいのに時間作らせちゃってゴメン』などを言葉にして伝えることは遠距離恋愛ではとても有効に働くはずです。

 

いつもは恥ずかしくて言えない言葉もたまには相手に届けるようにしてください。

 

それが遠距離恋愛を良い方向へと導いてくれます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加