遠距離恋愛カップルのための

自然消滅を怖がって沢山連絡すると逆に嫌われる

スポンサーリンク

遠距離恋愛によくあるのが、「自然消滅」です。

 

いつの間にか連絡を取らなくなり、気が付いたら恋人とは思えないような希薄な関係になってしまっていた、というのが自然消滅という現象なのですが、遠距離恋愛をしている時にはこういったことにならないように気を付けなければなりません。


自然消滅を防ぐには連絡を頻繁に取るようにしたり、定期的に会ったりすることが大切になってきますが、しかし、自然消滅を恐れるあまり、かなりの頻度で連絡を取ると逆に嫌われてしまう場合もあるので注意してください。

 

毎日連絡を取っても全く苦にならないカップルもいるでしょう。

 

それがずっと続くのであればそれが良いですし、そういったカップルは自然消滅という心配はないと思います。

 

しかしさまざまな理由で連絡を取るのが少しでも空いてしまうと自然消滅の兆候が出てきたと言えるでしょう。

スポンサーリンク

危険なことですが、それはどちらかが気にして連絡を取れば十分に回避することが出来ます。

 

最も問題なのは遠距離恋愛ということに過剰に反応し度を超えた連絡を取ってしまうことです。

 

毎日何十回もメールをしたり、ちょっと時間が空いただけで相手の都合も考えずに電話したりすると、相手にとっては重荷に感じてしまうのではないでしょうか。

 

そうなるとかける電話にも出てくれなかったりメールの返事もこなかったりしてしまいます。


それに不安を感じてさらに頻度を増やしてしまうともう相手からは完全に嫌われてしまうでしょう。

 

自然消滅が恐いのは、遠距離恋愛をしていれば当然の思いです。

 

しかし、その自分の不安だけを優先させ連絡を過剰にするのは逆効果なのでグッと我慢をしてなんとか堪えるようにしてください。

 

ここを我慢することが出来れば、遠距離恋愛は上手くいくはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加