遠距離恋愛カップルのための

連絡を取り過ぎるのは逆効果

スポンサーリンク

『過剰な連絡はNG』、これは遠距離恋愛をするカップルには是非頭に入れておいて欲しいことです。

 

遠距離恋愛なんだから多く連絡を取りたいと考えるのが普通ですが、その頻度の多い連絡が続くとは限りません。

 

少しでも回数が減るとそれが一気に加速する恐れも秘めているので、適度な量の連絡をするのが遠距離恋愛を長く続ける秘訣でもあるのです。


何でも、しつこいとどうしても困惑してしまうものです。

 

腹八分目という言葉は食事だけに言えることではなく、全てのことに対して言える言葉です。

 

何でもやり過ぎは良くなく、遠距離恋愛においてやり過ぎてしまうのが連絡を取り過ぎることなのです。

 

連絡を頻繁にしている方は何とも思わないかもしれませんが、連絡を頻繁に受ける方はもしかしたら滅入ってしまっているかもしれません。

スポンサーリンク

『面倒だな』とか『しつこいな』と思われてしまったらそれは破綻の始まり、遠距離恋愛ではとても危険なことになってしまいます。

 

連絡を取りたい気持ちを抑え、ほどほどの量にしておくことも意識してメールなり電話なりするようにしましょう。

 

その適度な量が、遠距離恋愛が進むにつれ心地よくなり、相手の存在を大きく感じることにも繋がるのです。


気持ちが盛り上がっているカップルからしてみれば信じ難い話かもしれませんが、恋愛とはそういったものなのです。

 

ほどほどを続けるほど長く続き、それは当然遠距離恋愛においても同じ事が言えるでしょう。

 

たまに会うからこそ燃えるという心理と似ています。

 

1日連絡を取らない日があるからこそ次の日の連絡が嬉しくて愛しくてたまらないわけです。

 

それをひとつの楽しみとして連絡を取り合うようにしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加