遠距離恋愛カップルのための

毎日じゃなくてもマメにメールをする

スポンサーリンク

電話とは違いメールは相手の都合に関係なく送ることが出来る便利なツールです。

 

遠距離恋愛であればこれを使わない手はありません。

 

遠距離恋愛で遠く離れて暮らしているとどうしても相手の日常生活のサイクルが掴みにくく、本来は連絡を取るべきではない時に電話をしてしまったりもします。

 

相手を困らせてしまう原因にもなるのでコンタクトを取りたいと思ったらメールをするようにしましょう。


遠距離恋愛も何年か続いてくると最初の頃と比べメールの回数が減るという現象が現れてきます。

 

特に積極的にメールを送っていた方がこの頻度を減らすと途端にメールでの連絡がなくなり、気が付いたら数ヶ月も連絡を一切取っていなかったということも遠距離恋愛をしているとよくあるのです。

 

メールはどちらからと決めるのではなく、お互いにマメにするように心がけましょう。

スポンサーリンク

毎日メールする必要はありません。

 

義務にしてしまうと疲れてしまいますから毎日必ず連絡を取らなければならないことはありませんが、しかし連絡が滞りそうな雰囲気をなんとなくでも感じたら他愛無い内容でいいので相手の迷惑にはならないメールを送るようにしましょう。

 

このメールが生命線となることはよくあります。

 

特に内容はなくてもマメにメールを送ることで例え遠距離恋愛に疲れてきた時期でもお互いの関係を継続することに一役買ってくれるものなのです。


これももちろん義務にすることはありません。

 

一日の報告でもいいですし、一日の始まりに『おはよう』のメールでもいいでしょう。

 

メールをするという行為が重要であると考えておいてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加