遠距離恋愛カップルのための

メールや電話の折り返しが遅くても気長に待つ

スポンサーリンク

恋人を信じるということは気持ちの問題でもありますが、これは行為に表すことも出来るはずです。

 

遠距離恋愛の場合、相手の状況が具体的にわからなかったり掴めなかったりすることが多くなります。

 

メールをしても返事がこなかったり、電話をしても出なかったり、留守電にメッセージを残したのにもかかわらずその折り返しが無かったりすると余計に心配になり、どうしても良からぬことが頭を過ぎってしまうでしょう。


しかし気長に待つようにしてください。

 

恋人とはいえ、相手は独立した人間なわけですから、自分の都合通りに動いてくれないこともあります。

 

ましてや遠距離恋愛なわけですから『待つ』という行為が非常に重要になってくるでしょう。

スポンサーリンク

待つことは非常にしんどいことだというのはわかります。

 

何もしないで時間が過ぎていくわけですからそれほど酷なこともないと言えるでしょう。

 

しかし、遠距離恋愛においてはこの待つことや辛抱することが二人の関係を決定づけると考えておけばある程度は待つことが出来るのではないでしょうか。

 

何ヵ月も待つ必要はありません。

 

さすがにそれは待ち過ぎなので何度かメールをしたり電話を繰り返しかけたり、または会いに行ったりすることも必要になりますが、数日返事が返ってこないだけで何度も連絡をするのは相手を信用していないことになり、少し辛抱が足りないと言えるでしょう。


事件や事故に巻き込まれた可能性を考えるのも恋人のことを好きだからこそですが、それでも待つことを覚えましょう。

 

辛抱や我慢が遠距離恋愛を上手くまとめます。

 

待つことは遠距離恋愛を円滑に進める為の要素になるのです。

 

しつこく一方的にメールをしたり電話をしたりせずに、心に余裕を持つように心がけてください。

 

そうすれば恋人からの信頼も得ることが出来るはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加