遠恋の五月病に気を付けよう!

スポンサーリンク

遠距離恋愛、遠恋を続けていると、思わぬハプニングに合う事が有ります。
恋の五月病と言われているのも、そんなトラブルの一つ。
今まで遠恋が上手に行っていたのに、何だか気持ちが冴えない。
遠恋を続けていくのが苦しく感じる。
こんな症状が出始めたら、要注意です。
一般的な恋愛にも言える事なのですが、恋が始まる時には、男性も女性も気持ちが高ぶっています。


会えば愛おしく感じますし、次のデートも楽しみに成ります。
相手からメールが来る、電話が来るだけでドキドキします。
けれども、その関係が数か月続くと、不意に魔がさすのです。
相手に慣れてくると、段々と時めきを感じにくく成ります。
相手に連絡をするのも面倒に感じて来ます。

スポンサーリンク

ひどい方だと、他の異性を魅力的に感じる様に成ります。
気持ちが完全に離れてしまう前に、処方箋を打つ必要が有ります。
マンネリに陥った時には、サプライズが効果的です。
いつもはメールで済ませている話でも、時には手紙で自分の気持ちを送ってみる。
普段のデートにワンランク加えて、とびきりのレストランで美味しい食事を味わう。
一緒に夜景を観に行く。
観覧車に乗る。


ジェットコースターに乗る。
この様に新たな体験を加えると、気持ちが元気に成ります。
一緒の体験をどんどん行う事が大切です。
またこれは上級者のテクニックなのですが、どちらかの家族に会うのも、マンネリ打破のポイント。
家族に会う事で、将来に目を向けさせる事にも繋がります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加