遠距離恋愛、マラソンが理想

スポンサーリンク

遠距離恋愛、ちょっとのポイントを知っておくと、楽に成るものです。
遠距離恋愛を続けて、貴方はどれくらいの期間が経っていますか?
1か月の方も居ると思います。
3か月の方も居ると思います。
半年と答える方も居るでしょう。
遠距離恋愛を続けていて、だんだん辛く感じて来るのが3か月から半年くらいです。
中弛みの期間とも言っています。


スタートした当初は、お互いパワーが有るので、少しくらいの体力が無くても、無理にでも電話や連絡を取ろうとします。
寝不足のまま、新幹線に飛び乗る事も多いでしょう。
けれども、次第にお互いへの慣れや時めきが薄れて来た頃には、これを続けて行くのが辛くなって来ます。
最悪のケースの場合には、遠恋を続けている自分が嫌に成り、相手との別れを選んでしまう事です。

スポンサーリンク

恋愛は、短距離走では有りませんよね。
距離が短いからと、グングン最初からハイペースで進んでいると、最後には息が切れてしまいます。
これでは、結果として良い記録も残せません。
遠恋をマラソンに例えている人が居ます。
マラソンの場合は、とっても距離が長いので、最初からハイペースで飛ばす選手は余り居ません。


途中でダウンをし、棄権してしまう可能性も有ります。
遠恋のポイントもマラソンと実は同じ。
無理をし過ぎず、自分のペースで走る事です。
疲れている時は相手に伝えて、早めに休む。
週末も相手の為に無理をするのでは無く、時には自分の為に使って見る。
これが長く続けて行くコツです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加